外国につながる子どもの日本語・教科学習支援

外国につながる子どもたちに学習権を保障し、多文化共生社会の実現を目指す。


 特定非営利活動法人 日本語・教科学習支援ネットのホームページへようこそ。

 この法人は、日本語を母語としない子どもたちに対して、日本語や教科学習支援に関する事業を行っています。日本社会において健康で文化的な生活を送るための日本語能力を習得する学習権を保障しつつ、文化的・言語的マイノリティの人々と共に生きる地域社会の実現に寄与することを目的としています。

 子どもの権利条約に批准した国の市民として、すべての子ども達が学校において主体的に学び、希望する進路を選択できる機会を保障し、将来、社会でその能力を十分発揮して暮らしていける多文化共生社会を実現させることを目指しています。



««高校入試で言葉の壁 外国人受験生の支援に課題»»
(2010年(平成22年)1月15日付 毎日新聞より)

««共生の道 未来開く»»
(2010年(平成22年)7月7日 朝日新聞より)